地図・アクセスお問合せ
介護の学校

お気軽にお問合せください。

電話 046-274-5100

お電話受付時間 月~金曜日 9:30~18:00


  • HOME
  • » 介護の資格
介護の資格

介護の資格制度が変わりました

これまでのホームヘルパー2級の資格が「介護職員初任者研修」に改められ、介護職員基礎研修やホーム
ヘルパー1級が「実務者研修」に一本化、介護人材の養成体系が、「初任者研修」→「実務者研修」→
「介護福祉士」→「認定介護福祉士」と整理されました。
介護職員初任者研修から、介護福祉士を目指しましょう。

新しい介護の資格制度

介護福祉士

「社会福祉士及び介護福祉士法」に基づく名称独占の国家資格。
現在、介護実務の経験が3年以上あれば国家試験を受験することが出来ますが、今後(平成28年度からの予定)は、3年の実務経験に加えて「実務者研修」を修了していることが受験の条件になります。

「介護福祉士とは」(日本介護福祉士会)
http://www.jaccw.or.jp/fukushishi/index.php

認定介護福祉士(仮称)

介護福祉士の次のステップとして新設が予定されている資格です。
現場の介護リーダーの教育や指導、小規模介護拠点の管理、他職種との連携等の役割が期待されています。

「認定介護福祉士(仮称)制度の方向性について -平成23年度研究の中間まとめ」
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002ae5j-att/2r9852000002aedl.pdf

その他の介護、福祉の資格

介護支援専門員(ケアマネジャー)

介護支援専門員は、介護サービスを受ける人たちの介護サービス計画(ケアプラン)を作成し、居宅サービス事業者や施設等との連絡調整を行ったり、介護保険の給付管理事務を行うなど、介護サービスの支援を担当する重要な役割です。
平成30年度より受験資格が変わりました。
社会福祉法人神奈川県社会福祉協議会福祉研修センター
http://www.knsyk.jp/

社会福祉士

社会福祉の国家資格。
「専門的知識及び技術をもって」「福祉に関する相談に応じ、助言、指導、福祉サービスを提供する者又は 医師その他の保健医療サービスを提供する者その他の関係者との連携及び調整その他の援助を行う」(以上、「社会福祉士及び介護福祉士法」より抜粋)のが社会福祉士の仕事です。
介護施設や病院、社会福祉協議会、地域包括支援センターなどで相談業務などの業務に携わることが出来ます。
養成施設を卒業するなどの国家試験の受験資格が必要です。

精神保健福祉士

介護福祉士、社会福祉士とともに福祉の国家資格のひとつです。
「こころの病」により社会生活上の困難を抱える人たちへの相談、援助等を行う仕事です。
精神科医療機関、精神保健福祉センターなどで相談員などの業務に携わることが出来ます。
養成施設を卒業するなどの国家試験の受験資格が必要です。

認知症ケア専門士

認知症介護に従事する人たちの自己研鑚、生涯学習のために設けられた資格です。
日本認知症ケア学会が認定をする民間資格で、3年以上の認知症介護の実務経験が受験資格となります。


これから介護の勉強をはじめるみなさん、介護の仕事をはじめるみなさん、介護、福祉の
世界には、様々な職種、役割があります。
介護、福祉の世界であなたの力を活かしてみませんか。


Copyright(C)2014 介護の学校. All Rights Reserved.
PAGETOP